初期0円!初月無料!デジタルマーケティング動画のサブスク開始!

ホワイトインテリアのお部屋をより可愛く見せるためにおすすめのプラスアイテム

明るく清潔感のあるホワイトインテリアのお部屋に憧れている方も多いのでないでしょうか。
白を基調にお部屋まとめていくホワイトインテリアは、数あるコーディネートの中でも人気があるインテリアのスタイルです。

そんなホワイトインテリアのお部屋作りをするためにはどういったポイントに気を付ければいいのでしょうか。
この記事ではホワイトインテリアの特徴やコーディネートのポイントなどについて解説していきます。是非コーディネートの参考にしてみてください。

ホワイトインテリアの特徴

ホワイトインテリアの特徴

ホワイトインテリアは、その名前の通りホワイトカラーを基調としてお部屋をコーディネートしていくインテリアスタイルのことをいいます。壁や天井、カーテンやドア、家具などを白系で統一するため、お部屋全体を明るく見せる効果があるのが特徴です。
また主張が強くない白は圧迫感が少なく軽いイメージも持っています。そのためお部屋のなかにホワイトカラーを多く取り入れると、柔らかさや軽さなども演出することができるのです。

そのほかにも以下のような空間を作れるのがホワイトインテリアの特徴です。

  • ・色を基調とした清潔感のある空間
  • ・解放感のある空間

それぞれ詳しく見ていきましょう。

色を基調とした清潔感のある空間

クリーンなイメージの強い白を多く使ったホワイトインテリアは、清潔感のある空間を演出できます。
だからといって壁や天井、カーテンや家具などすべてのモノをホワイトカラーにしてしまうと、本当に真っ白になってしまい単調に感じてしまったり、物足りなさを感じてしまったりするかもしれません。
そこでポイントなのが全体を白で統一するのではなく、白を基調としつつもアクセントカラーを活用していくコーディネート方法です。

ただアクセントとなる差し色ですが、あまり派手な色を選んでしまうとホワイトインテリアの持つ清潔感がある雰囲気を壊してしまいます。
清潔感を保ちつつスッキリとした印象のコーディネートにおすすめとなるのが、黒やグレー、ベージュやグリーンなどのアクセントカラーです。

たとえば、スタイリッシュでクールなイメージのお部屋に仕上げたい場合は明度の低い黒やグレーをアクセントカラーとして取り入れましょう。
対して柔らかく優しい印象にしたい場合はライトグレーやベージュを差し色に、爽やかさをプラスしたい場合はグリーンの色味をアクセントに加えるのがおすすめです。

開放感のある空間

開放感のある空間に仕上げることができるのも、ホワイトインテリアの特徴のひとつです。
白を基調とするホワイトインテリアでは、物であふれがちなお部屋でも色の主張が少ないため視界をすっきり見せることができます。合わせてホワイトカラーは明度が高く光を反射するため、空間全体を明るく広々とした印象を与えることが可能です。

また明度の高い白は膨張色ともいわれています。膨張色とはほかの色に比べて膨らんだり、広がったり錯覚する色のことです。そのためお部屋のデザインとして取り入れてあげると、部屋を実際より広く見せる効果が期待できます。
より開放的に見せたい場合は真っ白ではなく、ややくすんだホワイト系のカラーを取り入れる方が効果的なことも覚えておきましょう。

ホワイトインテリアはどんな人に人気なのか

ここまでホワイトインテリアの特徴についてご紹介してきましたが、このインテリアスタイルはどんな人を中心に人気を集めているのでしょうか。
ホワイトインテリアというコーディネートのスタイルは、InstagramやピンタレストといったSNSを通して人気が広がった背景もあり特に女性に人気が高いコーディネートとなっています。また、シンプルで洗練された印象のお部屋に仕上がるので、ミニマリストやモノを持たない暮らしといった時代の流れにもマッチするため、若い世代の方にも人気です。

そのほか深めのブラックを効かせるとクールでスタイリッシュな雰囲気も演出できることから、セレクトショップのような生活感を感じさせないが好きな男性にも好まれるお部屋となっています。

シンプルな暮らしにはホワイトインテリアがおすすめ

ホワイトインテリアのお部屋は、その明るさや柔らかい雰囲気から、シンプルな暮らしを実践したいと考えている人におすすめのコーディネートスタイルです。

シンプルな暮らしとは、いま注目を集めている暮らしのスタイルのひとつで、自分にとって本当に必要なモノとそうでないものが区別し、必要なモノだけで暮らしていくスタイルをいいます。必要なモノ以外の部分にあまり重きを置かずスッキリさせることで、モノにも心にもゆとり持って楽しんでいく暮らしのことをいいます。

そんなシンプルな暮らしを実践するためのお部屋では整理整頓がされているのはもちろん、空間に余白やゆとりを持つことが大切とされています。そのため清潔感が大きく視界をすっきり見せることができるホワイトインテリアはシンプルな暮らしにピッタリなのです。

ホワイトインテリアに合うデザイン

ホワイトインテリアの特徴

つぎにホワイトインテリアに合うデザインについて見ていきましょう。
使用するカラーの種類が限られるシンプルなホワイトインテリアでは、設置するインテリアのデザインによってお部屋の印象が大きく左右されます。

洗練された印象を崩さないためにも、フォルムや素材感にこだわり安見えしないデザインのアイテムを選んでいくことが重要です。

たとえば、シンプルに仕上げたいのであれば、ガラス素材や陶器のような透明感のありながらも無駄のないフォルムをしたアイテムを選んでいきましょう。女性らしい雰囲気を出したいのであれば、ファー素材のモノや丸みが可愛らしいアイテムを多く取り入れるのがおすすめとなります。

自分好みのアイテムを見つけ、シンプルながらもどこか高級感が漂うデザインのモノを取り入れるのがポイントです。

ホワイトインテリアのお部屋をより可愛く見せるためにおすすめのプラスアイテム!

白を基調としたホワイトインテリアは、明るく清潔な雰囲気が人気のインテイリアスタイルです。しかしただ単に白を基調として演出しただけでは、単調で味気ない雰囲気になってしまいます。可愛くおしゃれな空間に仕上げていくためには、いくつかのポイントを押さえたコーディネートが大切です。

そこでこの記事ではホワイトインテリアのお部屋をより可愛く見せるためにおすすめのプラスアイテムについて解説していきます。

壁をアレンジしたホワイトインテリアのお部屋

壁や床、天井などお部屋のベースとなるカラーは白で統一させることがホワイトインテリアの大きな特徴のひとつです。お部屋の色を白で統一させることによって、明るさや広さ、清潔感を演出できます。

しかしながら、シンプルな白ベースのホワイトインテリアでは、単純に全ての要素を真っ白に統一しただけだと、単調で味気ない印象をあたえるほか、無機質で落ち着かない空間になってしまうので注意が必要です。ではどういった点に注意していけばいいのでしょうか。
天井は高さがあり、床にはモノを置くと邪魔になってしまうため、なかなかコーディネートが難しいです。そこで壁にアレンジを加えていくのがおすすめの方法となります。

ワンポイントアドバイス

ホワイトインテリアのお部屋を単調な雰囲気にさせないためには、壁にアレンジを加えていくのがおすすめと書きましたが、どういったポイントがあるのでしょうか。

まずひとつとしてアクセントとなる差し色を活用していきましょう。壁の7~8割を白、2~3割に差し色となるグレーやベージュをアクセントに加えると、ほどよいバランスに仕上ります。上品でシックな雰囲気を目指す場合はライトグレー、スタイリッシュなイメージを持たせたい場合はブラック、優しい印象に仕上げたい場合はベージュを配色に使っていくのがポイントです。
またアレンジで加えるアイテムは、メモボードやポストカードなど派手過ぎないものがよいでしょう。

ビッグテールリードを取り入れたホワイトインテリアのお部屋

ホワイトインテリアのお部屋に取り入れるアイテムのひとつとして、ビッグテールリードがおすすめです。

テールリードとは、花や葉のついた枝などで作る壁飾りである「スワッグ」や、花の茎を長めに切り揃えざっくりと束ねた「クラッチブーケ」によく取り入れられているアイテムです。
そのふわふわで軽やかな印象が人気を集めており、多くのインテリアアイテムにも取り入れられています。ビッグテールリードはその名の通り、テールリードの中でも大きなものを指しボリュームがあり存在感抜群のアイテムになっています。お部屋に飾ることで存在感を感じさせながらも、やわらかな色味とふわふわ感で優しい印象を演出してくれます。

ワンポイントアドバイス

ホワイトインテリアのお部屋に相性抜群のビッグテールリードを紹介してきましたが、テールリードは造花なのでお手入れ不要です。そのため「植物のお世話はちょっと…」という方にも取り入れやすいアイテムになっています。色も白のものからベージュのような色があり、ポンと置くだけですぐにインテリアとして活躍してくれるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

ファーやフリンジで素材感を取り入れたホワイトインテリアのお部屋

ファーやフリンジで素材感を取り入れたホワイトインテリアのお部屋

ホワイトインテリアのお部屋では、ファーやフリンジといったアイテムで素材感を取り入れてみるのもおすすめです。

ファー

ファーとは冬物のファッションアイテムに使われることも多いふわふわとした毛皮のことをいいます。柔らかい肌触りが特徴のファー素材のアイテムは温かい印象と共に、空間をワンランク上の雰囲気へと格上げしてくれます。

フリンジ

フリンジとは、毛糸やひもを束ねた房飾りのことをいいます。その見た目から前髪の意味も持っており、布の端に糸やビーズが前髪状に垂れ下がっている装飾アイテムも人気があります。可愛らしい印象がある、ファーやフリンジですがホワイトインテリアのお部屋に取り入れるにはどういったポイントを押さえておけば良いのでしょうか。

ワンポイントアドバイス

ファー素材のアイテムはさまざまなコーディネートで利用ができますが、中でも気軽なのが床に敷いて使うことです。

お部屋にカーペット代わりに敷くことで、上品なアクセントが生まれ高級感あふれる空間に仕上げることができます。垂れ下がる房が特徴的なフリンジは、豊かな立体感が感じさせるようにカーテンなどで取り入れていくのがおすすめです。そのほかにもクッションやベッドカバーなどのちょっとしたアクセントとして利用するのもいいのではないでしょうか。

まとめ

ホワイトインテリアのお部屋をより可愛く見せるためにおすすめのプラスアイテムをご紹介してきました。ホワイトインテリアのコーディネートは白を基調とするため、メリハリが付きにくく単調になりがちです。そのため、壁をアレンジしてアクセントを加えたり、相性のよいアイテムを加えたりして仕上げていくのがおしゃれ見せるポイントです。

明るく清潔なイメージを保ちながらも、オリジナリティあふれるお部屋へコーディネートしてみてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。